• CONCEPT
  • SPACE
  • CUISINE
  • DRESS & ITEM
  • PLAN
  • お客様の声
  • BRIDAL FAIR
  • ACCESS MAP
Cuisine Cuisine お料理  French/Japanese ~伝統を受け継ぎ革新に挑戦する、食のスタイル~

レストラン「ロゼット」のフレンチコース

鏡智行シェフ 作。心が躍る華やかさと心に滲みる美味しさを、一つのコースに。

佐呂間沖帆立貝とチェリートマトのマリアージュ
バジルとビーツのヴィネグレット カスピ海の真珠を添えて

フランス・ランド産フォアグラのポワレ 黒トリュフの香るフィタージュ
ポートワインソース

カナダ・ノバスコシア湾オマール海老ブイヤベース仕立て

季節のグラニテ

黒毛和牛ランプ肉のロティ
ローストオニオンとフォンドヴォー

フロマージュブランの軽いムース
オレンジとシャンパンのジュレとともに

蝦夷鮑、愛媛産真鯛、雲丹の菜園仕立て
バルサミコクリーム添え カスピ海の真珠とエディブルフラワー

アラスカ産鱈場蟹のフリット
青海苔香るクリスピーリゾット アメリケーヌソース

長崎五島列島産赤甘鯛のヴァプール
野菜のパスタ仕立てを添えて

愛媛産牛テンダーロインのポワレ
酢立 ヴィオラマスタード フランス塩を添えて

苺のパルフェ
ホワイトバルサミコでマリネしたフレッシュベリーを添えて

「二十四節季 朔」の和食と「ロゼット」のコラボレーションコース

村山剛史料理長 + 鏡 智行シェフ 共作。"洗練"を極めながら、ほっとする"温かみ"も併せ持つ、和と仏の競演コース。

天使のエビ、佐呂間産帆立貝、雲丹、鳴門産若布の美味ジュレ仕立て

ランド産フォアグラと茸のポタージュカプチーノ仕立て

境港よりの紅ズワイ蟹と二色のグレープフルーツに土佐の割り酢を注いで

スコットランド産ロックデュートサーモンのディルマリネ
色とりどりな野菜とエディブルフラワー キャビアとバジルのアクセント

愛媛産真鯛の柚庵焼き
加茂茄子と海老湯葉あんをかけて

ブラック・アンガス牛テンダーロインのグリエ
黒オリーブ、トマト、ジュドヴォー

季節のフレッシュフルーツをライム風味の葛で寄せて

佐呂間沖帆立貝とフルーツトマトの煮こごり仕立て唐墨を添えて

アラスカ産鱈場蟹真丈の薄葛椀

黒マグロとアオリ烏賊のマリネ
彩り野菜の菜園仕立て

フランス・ランド産フォアグラと茄子のポワレ バルサミコとルッコラ

長崎五島列島産赤甘鯛の鎧焼きと道明寺蒸し
玉菜餡と岩海苔を添えて

黒毛和牛サーロインのグリエ
レフォールとエシャロットの香り

抹茶の軽いガトー 生姜香る小豆ソース
黒胡麻アイスを添えて

シェフ

Tomoyuki Kagami
Tomoyuki Kagami

1990年渡欧。スイス、フランス、ベルギーを回り研鑽を積む。ベルギーでは三つ星レストラン「ブルノー」に勤務。1992年帰国、センチュリーコートへ。2001年、料理長に就任。

メッセージ

「ウェディングは、喜びが溢れる、人生でもっとも晴れやかな日です。新郎新婦はもちろん、ゲストの方々の心が浮き立つような、美しく、華やかな料理でお二人の思い出に華を添えたい、そう願いながらメニューを創りました」

Shigeharu Hayashi
Shigeharu Hayashi

1974年、東京生まれ。1995年、東京調理師専門学校卒業。同年、『新宿割烹 中嶋』入店。中嶋貞治氏に師事。2002年、都内日本料理店に勤務。
2014年10月、『二十四節季 朔』二代目料理長就任。

メッセージ

「仏と和、それぞれの料理が響き合うように、鏡シェフと試行錯誤を繰返し、コース料理を完成させました。異なる文化を組み合わせて新しい文化を創る料理のコラボレーションは、家族と家族が結びつく"結婚"と似ています。特に高齢のゲストの方への気遣いとして、和の味わいをお薦めします」